セルライト情報
セルライト情報

2008年01月12日

冬の堅太りはセルライトになりやすい:毎朝15分の運動で防ぐ

セルライト情報ブログの愛読者の皆さん、新年明けましておめでとうございます。

戸塚 順久さん(フィットネスクラブ・ティップネス渋谷店パーソナルトレーナー)は「寒くて冷えるとむくみやすくなって水がたまる。それがやがてセルライトになってしまうケースもあるのです」とエキサイトで言っています。

このため、毎朝15分の運動で、冬の堅太りを避け、セルライトも防ぐことをアドバイスしてます。
posted by なぎ at 09:55| Comment(14) | TrackBack(3) | セルライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

若い女性の太ももの後面のセルライト:本人は気づいていないが駅の階段で丸見え

夏になると、この頃の若い女性は腰の見えるシャツやズボンをはいて歩いているのが多く見られます。駅の階段から後ろ姿が仕方なしに見えますので、つい見ていると太ももがデコボコになってセルライトになっているのを、結構見かけます。

どうせ、自分の姿態を男性に見せるのならば、「セルライトでない美しい太ももを見せてくれよな、、、」ですね。女性自身は、自分の太ももの後面のセルライトは見えないため、本人は気づいていないようですが、、、、。

中高年齢の女性で足がセルライトになり、松の根っこのようにデコボコのセルライトになった方は、夏だけでなく年中見かけます。

「セルライト( Cellulite )とは、妊娠せんとも言われ、胎児の成長や脂肪などの要因で皮下組織が急激に増大することで起こる、肌から皮下組織にかけてのひずみで、お尻や太ももに出来る肌のでこぼこのことであり、特に女性に多く見られる。 妊娠期にある女性の腹部にしばしば見受けられ、また出産経験のある女性の腹部にはセルライト(妊娠せん)の痕跡が残ることもある。

『Cellule(細胞)+ ite(鉱物)』の造語としてフランスで生まれ、1960年末ごろからマスコミに現れるようになった。健康食品やエステの世界では、セルライトを肌のでこぼこを作る『原因物質』として取り扱うことが多いが、医学的根拠はない。

セルライトは、古い脂肪に水分が吸着して出来ると言われている。

健康食品やエステの世界では、脂肪が変形して固まってしまったため、通常の脂肪に対する対処では排除できず、特別な健康食品や処置が必要と主張されている。

医学的には、セルライトが原因とされる肌のでこぼこは、皮下脂肪が大量にたまった状態に過ぎない。セルライトは医学的用語とは認められていない」(引用先Wikipedia)。



posted by なぎ at 12:32| Comment(7) | TrackBack(2) | セルライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。